オススメガジェット集→デスクツアーを見る

【MARK RYDEN】薄型で軽いビジネスリュックを徹底レビュー

MARK RYDENの薄型ビジネスリュックをレビューします。

こんな方にオススメです。

  • MARK RYDENのレビューが知りたい
  • ノートPCが入る薄型リュックが欲しい
  • 肩が疲れないバッグが欲しい

荷物が少ないのに大きめなリュックだけだと、邪魔で不便ですよね。かといって、ノートPCが入るようなリュックは大きいものばかりです。

しかも、パソコンや教科書などを持ち歩くと結構重くて、肩が疲れますよね。

トートバックは、パソコンを入れると肩に食い込んで痛いですよね。

私もちょうど同じ悩みを持っていて、薄くて軽くて、ノートPC+少しの荷物が入るリュックを探していました。

そこで出会ったのが、MARK RYDENの薄型リュックです。

ネットでの購入は不安でしたが、1ヶ月使ってみて、私が求めていた理想のリュックだと確信しています。

荷物が少ないが、ノートPCは持ち歩きたい、という大学生や社会人の方は、MARK RYDENを買っておけば間違いないです。

この記事では、1ヶ月使ってみた私が、良いところ、微妙なところを正直にレビューしていきます。画像も多く使っているので、ササッと読めますよ。

この記事ではこんなことがわかります。

  • MARK RYDENの機能
  • 1ヶ月使った感想
  • 良いところと微妙なポイント
  • どんな人にオススメなのか

それでは、レビューをどうぞ。

目次

結論:MARK RYDENのリュックは買うべきなの?

最初に、どんな人なら買うべきか、結論をお伝えします。

こんな人は、買って損しないと断言します。

  • 荷物は少ないが、ノートPCをよく持ち歩く
  • 薄くて軽い、肩が疲れないリュックが欲しい
  • 通学や通勤で使いたい
  • 安くても粗悪品は避けたい

薄くて軽いリュックをお求めの方は、MARK RYDENを買っておけば間違いないです。

私は1ヶ月使ってみて、バッチリ用途にあっていて満足しています。

Amazonのレビューも、812件で星4.2、星4以上が82%と購入者の評価は高いですね。(2021/9/20時点)

MARK RYDENの良いところは以下の4つです。

  • 重さを感じず疲れない
  • 薄い割には容量があるのが便利
  • デザインがシンプルで使いやすい
  • 高級リュックと比べコスパが良い

逆に、微妙なところはこの2つです。

  • 高さが結構ある
  • 荷物を入れすぎると背負いにくい

それではここからは、具体的な機能を写真メインで紹介した後、詳しいレビューをしていきます。

MARK RYDEN薄型リュックの機能紹介

それではまずは、MARK RYDENのスペックをご紹介します。

公式HPはこちら。

  1. 薄型のビジネスリュックで身軽
  2. 横30cm×高さ40cm×奥行き11cm
  3. 15.6インチまでのPCが入る
  4. ポケットが多くて収納に便利
  5. USBポート付き
  6. 3wayで好きな持ち方ができる
  7. 撥水加工で雨の日も安心

奥行きの圧倒的薄さと、ノートPCが入るサイズ、収納の多さが特徴的です。

公式の紹介動画はこちら。

MARK RYDEN公式の紹介動画

それではここから、画像をメインに、見た目や中身、背負った様子をお見せします。

外観

まずは見た目です。4方向から見るとこんな感じです。

前面。

前面
前面

右側。

右側
右側

左側。

左側
左側

後面。

後面
後面

質感としては、表面はザラザラしていて、少しエナメルっぽい感じです。

安っぽさはなく、若干の光沢があって、高級感も感じられます。

背中の部分は固く、一箇所だけ出っ張る、みたいなことが起こらないようになっています。

ポケットなど中身

多機能リュックなので、ポケットやUSBなど、色々収納があります。

まずは前面の収納部分からです。

前面の収納
前面の収納

割と深めで、そこまで奥行きはないです。

手前のポケットは、ティッシュやハンカチ、定期がちょうど入るサイズです。

広い方には、財布やメガネケースなどが入りますね。

次に、メインの収納です。

メインの収納
メインの収納

メインの収納は、片側だけ、下までチャックが開く便利な仕様です。

チャック、ノートPCポケット、タブレットポケット、USBがついています。

15.6インチまでのノートPCが入るポケットはこんな感じ。

ノートPCポケット
ノートPCポケット

13インチのMacを入れた様子がこちら。

Macを入れた様子
Macを入れた様子

隙間があってもバンドで止められるので安心です。

手前には、タブレットを入れるポケットがあります。

タブレット収納ポケット
タブレット収納ポケット

こちらはUSBです。モバイル充電器を繋げれば、リュックに入れたまま充電ができます。

USB
USB

以上が収納と中身の紹介でした。

どれくらい収納できるのかは、後ほどご紹介します。

背負った様子

実際に背負ってみた様子です。

身長170cm、かなり細身で、こんな感じになります。

正面
正面
横
後ろ
後ろ

背負い心地はかなり良いですね。大きくも小さくもない、丁度良いサイズ感です。


以上、スペックのご紹介でした。

MARK RYDENのリュックを1ヶ月使った感想

1ヶ月使ってみた感想としては、

買って良かった!この値段でこの機能性はコスパが素晴らしい!

という感じです。

数万円するリュックもある中、5000円でこれほど優れたものが買えて良かったです。

軽さや容量には満足ですが、一部不満なポイントもあるので、その両方をサクッとレビューしていきますね。

1ヶ月で分かったMARK RYDENの良いところ

まず、1ヶ月使ってみて分かった、MARK RYDENの良いところをご紹介します。

  • 重さを感じず疲れない
  • 薄い割には容量があるのが便利
  • デザインがシンプルで使いやすい

1つずつ、簡単にレビューしていきます。

重さを感じず疲れない

一番期待していた軽さですが、想像以上に軽いです。

ノートパソコンと、分厚い参考書2冊を入れても、重さを感じず全然疲れないんですよね。

「ほんと?」って疑いたくなりますよね。私も買う前はそう思ってました。

これは、使ってみると実感すると思います。

理由はおそらく、そもそもリュック自体が1kgもなく軽いのと、紐が丈夫なこと、背負いやすい構造だと思います。

それまでトートバッグを使っていて、肩や腰が辛かったのですが、その疲労が全くなくなりました。

大学への通学や、カフェへ勉強に向かっても、移動で疲れることがありません。

アイジュ

ここにこの軽さだけで、買って良かったと思っています。

薄い割には容量があるのが便利

「薄くてノートパソコン以外何も入らないかも」と不安でしたが、意外と容量があります。

前面は薄い荷物が入り、メインの方は奥行きも高さもあるので、見た目以上に結構入ります。

一般的な大学生の通学時の荷物や、旅行一泊分くらいなら丁度入ります。

私は大学にこのリュックで通っていますし、一泊だけの家族旅行はこのリュックで十分でした。

実際に入れてみた様子をお見せしますね。

まず、ノートパソコン、分厚い教科書2冊、財布、メガネを入れるとこんな感じです。

通学時の荷物
通学時の荷物
通学時の荷物を入れた様子
通学時の荷物を入れた様子

幅はこれが丁度ですね。入れようと思えば、上にもう1段教科書を載せるスペースがあります。

無理なく、綺麗に締まります。

次に旅行の荷物を入れた場合です。

バスタオル、下着、上下の服、財布、ヘッドホン、メガネケース、化粧水を入れてみました。

旅行一泊分の荷物
旅行一泊分の荷物
荷物を全部詰めた様子
荷物を全部詰めた様子

これが限界ですね。結構パンパンになりました。

冬だと厳しいですが、荷物多い時はスーツケースの方が便利だと思うので、そこまで気にする必要もないと思います。

普段の通学・通勤に使うなら、丁度良いサイズですね。

デザインがシンプルで使いやすい

最後に、シンプルなデザインが気に入りました。

黒で装飾も少なく、ロゴの主張も控えめなので、場面を選ばず使えると思います。

そもそもビジネスリュックだからですね。

就活の際に、スーツにMARK RYDENを背負っていても、大きな違和感はないです。

通勤でも、特に問題なく使えると思います。実際レビューでも、通勤用の社会人の方のレビューが多かったです。

3wayなので、ビジネスシーンでは横持ちすれば問題なく使えそうです。

奇抜なものよりシンプルなアイテムが好きな方、色んな場所で使いたい方にオススメです。

以上3点が、使ってみて良かったところです。

では続いて、微妙な点も正直に紹介しますね。

1ヶ月で気付いたMARK RYDENの微妙なところ

MARK RYDENのリュックを1ヶ月使ってみて、微妙な点も2つほどあります。(見つかり次第追記します)

微妙な点は、この2つです。

  • 高さが思ったより大きい
  • 荷物を入れすぎると背負いづらい

サクッと説明しますね。

高さが思ったより大きい

まず、このリュックは高さ40cmなんですが、これが想像より大きいです。

身長が大きくない方は、不便なときがあるかもしれません。

後ろに背負っている時は問題ないのですが、前に抱えると少し大きいと感じました。

身長が160cm以下で、通勤の電車やバスで前に抱える機会が多い方は、もう少し高さが小さい方が良いかもしれません。

私は身長170cmで少し大きいくらいなので、170cm以上ある方は問題ないかと思います。

荷物はたくさんは入らない

薄型なので当然ですが、荷物はそれほど入らないです。

具体的には、分厚い参考書3冊とノートPC、ヘッドホン、眼鏡ケース、財布を入れた時は容量オーバーだと思いました。

ただ、容量が少ない=無駄な荷物を減らす、という意識に繋がるので、私はそれほど不満ではないです。

荷物を詰めすぎると、裁縫がほつれたり、早く壊れてしまう原因にもなります。

荷物が多くなりがちな方、教科書が多い中高生は、容量が大きいサイズを買った方が良いと思います。


以上2点が、MARK RYDENのリュックの気になったポイントでした。

良い点、微妙な点のレビューは以上になります。

では最後に、結局どんな人にオススメなのか、買うべきかをお伝えします。

結論:MARK RYDENはこんな人にオススメ!

私が1ヶ月使用し、他の方のレビューも見た結果、以下に1つでも当てはまる方は、MARK RYDENのリュックは間違いないです。

  • ノートPC+教科書1、2冊しか持ち歩かない大学生
  • リュックで肩が疲れるのが嫌な社会人
  • カフェによくノートPCを持っていく方

荷物基本的に多くはないが、ノートPCを持ち運ぶ必要があったり、通勤や通学で肩が疲れるのが嫌な方に、このリュックはオススメです。

数万円するリュックも多い中、コスパも薄さも使い勝手も、5000円と思えないほど素晴らしいです。

アイジュ

是非購入して、移動を快適にしてください。

逆に、こんな方は買うと後悔すると思います。

  • 分厚い教科書を何冊も持ち歩く学生
  • 荷物が多くなりがちな社会人
  • 身長が160cm以下の方

薄型なので、容量を求める方には向きません。

また、身長が160cm以下の方は、高さが大きく不便に感じるかもしれません。そういう方は、少し小さめのサイズの方が快適かもしれません。

そういう方にオススメのリュックは、次のパートでご紹介します。

以上、オススメできる人のご紹介でした。

最後に、購入方法と注意点をご説明します。

購入方法と注意点

購入はこちらからどうぞ。

基本Amazonが安いです。

注意点は、頻繁に変わる値段と類似品です。

まず値段は、4300円前後で買えるタイミングが狙い目です。

現在の定価は5400円ほどなんですが、クーポンやセールで頻繁に値下げしています。

最安値が3700円ですが、2度しか来ていないレアなセールです。

続いてサイズについては、類似品がたくさんあるので、間違えないようにしてください

確認するのは、型番とサイズです。型番は、MR-9533、サイズは40cm×30cm×11cmmです。

「このリュックは良さそう」と思った方は、是非リンクから購入して、快適リュックをゲットしてください。

「このリュックは合わないかも」という方へ、2種類、別のオススメリュックをご紹介します。

まず容量が大きいリュックが欲しい方は、同じMARK RYDENの大容量リュックがオススメです。

高さ45cm×横33cm×幅18cmと、紹介したリュックより7cm奥行きの大きいタイプですね。

詳しいレビューが知りたい方は、こちらの記事がわかりやすかったです。↓↓

【MARK RYDEN】完全防水バックパック「MR-9031SJ」の使用レビュー【高機能性でリーズナブル】

高さが低いタイプのオススメは、エレコムの13.3インチのPCが入るビジネスリュックです。

幅28cm×奥行11.5cm×高さ38.5cmと少し高さと幅が小さい薄型で、価格もリーズナブルです。カラーバリエーションも豊富なので、黒が嫌な方は別の色も選べます。

アイジュ

私が身長が低かったら、おそらくこちらを買っています。

以上が、商品の購入方法でした。

外でノートPCを使う人へオススメのアイテム

最後に、頻繁に外出してノートPCで作業する方へ、他のオススメアイテムをご紹介します。

疲労軽減アイテムとして必須級な、PCスタンドです。

カフェなどで机にPCを直置きして作業をしていると、肩や首が結構疲れませんか?それは、姿勢が悪いからです。

姿勢を強制的に良くしてくれるのが、スタンドです。

スタンドを使えば、目線が上がって疲労が格段に減ります。

そこでオススメしたいのが、PCケースとスタンドが1つになった、MOFTのケース兼スタンドです。

詳しく知りたい方は、こちらのレビュー記事をどうぞ。

M外でノートPC使う方必見!MOFTのケース兼スタンドをレビュー

ケースはもう持っているけどスタンドは持っていない、という方は、PCの裏に貼り付けるタイプのスタンドがオススメです。以下の記事でオススメのスタンドを紹介しています。

ノートパソコンで首が痛い!そんな大学生にはスタンドがオススメ!

「大学生でもデスクを快適にしたい」「子ども机でもデスクをスタイリッシュにしたい」

という方は、デスクツアー記事を参考にしてください。

私が1年半かけて作り上げた、子ども机を活用したデスク環境を、いろんなガジェットをレビューしつつ、ご紹介しています。

【デスクツアー】子ども机で作る大学生のオンライン授業が捗るデスク環境

大学生向けですが、リモートワークが多く不便を感じる社会人の方も、参考になる内容になっています。

以上が、ノートPCを外で使う方へ、オススメのアイテムの紹介でした。

リュックだけではなく、色んなアイテムを揃えると、相乗効果でどんどん快適になりますよ。

まとめ

MARK RYDENの薄型ビジネスリュックのレビュー、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

MARK RYDENの魅力が伝わったでしょうか?

最後に、簡単にレビューをまとめておきますね。

まず、このリュックの良いところはこんな感じです。

  • ノートPCを入れても重くない
  • 薄いけど意外と容量がある
  • シンプルで場面を選ばないデザイン
  • 高性能の割に安い

逆に、微妙なのはこの2点。

  • 意外と縦が大きい
  • 荷物が多くは入らない

こんな方なら、買って損しません!というか日々の移動が快適になります。

  • ノートPC+教科書1、2冊しか持ち歩かない大学生
  • リュックで肩が疲れるのが嫌な社会人
  • カフェによくノートPCを持っていく方

「記事が参考になった」「この記事を見てリュックを買った!」という方は、Twitterで共有してもらえると嬉しいです。すぐRTとお礼に向かいます。

それでは、薄くて軽いリュックとともに、快適な通勤・通学ライフを!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる