オススメガジェット集→デスクツアーを見る

【iPhone13miniレビュー】使用感とiPhone11から乗り換えた理由

iPhone13miniレビュー

iPhone13miniの使用感レビューと、iPhone11から乗り換えた理由をお伝えします。

この記事は、こんな方にオススメです。

  • iPhone13miniを買うか迷っている
  • iPhone11の重さと大きさが不満で、
    小さい13miniが気になっている
  • iPhone13miniの正直なレビューが知りたい

筆者は、iPhone11が大きくて重く、片手で快適に操作できないのが嫌で、2年も経たずにiPhone13miniに乗り換えました。

結果、乗り換えて大正解でした。

サイズ感や軽さが快適で、5年くらいは使い続けたいと思っています。

iPhone13miniを2週間使ってみた感想はこんな感じです。

  • 小さくて軽く、片手で楽に使えるのが最高
  • バッテリー持ちも11と大差ない
  • 画面が小さすぎるとは感じない、
    ただ動画は少し小さい
  • 写真が素人でも綺麗に撮れる
アイジュ

13miniは普段使いに快適すぎるiPhone!

この記事を読むと、こんなことがわかります。

  1. iPhone13miniを使ってわかった
    メリット・デメリット
  2. iPhone11から13miniに乗り換えた理由
  3. iPhone13miniがオススメな人
  4. iPhone13miniの周辺アイテム
  5. 購入時の注意点

画像を多めに使って、わかりやすくレビューして行きます。

あなたがiPhone13miniを買って後悔しないかどうか、参考にしてください。

(追記)Amazonで、ポイントが1%(約1000円)付きで買えるようになりました。

目次

iPhone13miniを2週間使った率直なレビュー

一言でiPhone13miniの感想を書くと、「サイズが快適すぎて非常に満足している」という感じです。

日本人の小さい手にジャストフィットする、ちょうど良いサイズ感が最高です。

iPhone11より50gも軽く、落とす心配なく、疲れずに片手で操作ができます。

この2つが、他のiPhoneのモデルと比べたiPhone13miniの圧倒的なメリットです。

「今のiPhoneがデカくて不便」という方は、miniを買うと感動すると思います。

それでは続いて、「iPhone13miniの魅力はわかったけど、10、11や12から乗り換えるかまだ迷っている」という方に向けて、「なぜ私がiPhone11から 13miniへ乗り換えたのか」という理由をお伝えします。

iPhone11から13miniに乗り換えた理由

私がiPhone11を2年も使わずに、13miniに乗り換えた理由は、この3つです。

  • iPhone11が片手で使えないのがストレス
  • 重すぎて、持っていると手が疲れる
  • iPhone11が5Gに非対応

一言で言うと、「iPhone11がデカすぎた!」ということです。

iPhone11と13miniのサイズを比較すると、こんな感じです。

iPhone13miniと11のサイズ比較

13miniの全体のサイズは6sや8とほぼ同じで、ディスプレイが広くなった、というサイズ感です。

サイズが大きいと、画面は見やすいし、動画も迫力が出て良いですよね。

ただ、日本人の小さい手では、片手で操作するのはまず無理です。端まで指が届きませんよね。

片手で使えないと、電車の中で吊り革を持ちながらTwitterが見れないし、仰向けに寝転びながら片手で動画を見ることもできません。

また、無理して片手持ちすると、落として画面が割れるリスクも高くなります。

私は、画面が大きいメリットより、大きくて重すぎるデメリットの方が強いと感じてストレスでした。

ちなみに、値下げされ1万円以上も安いiPhone12miniにしなかった理由は、「バッテリー性能がかなり低かったから」です。

iPhone12mini、13miniのバッテリーを比較すると、こんな感じです。

機種ビデオ再生(ストリーミング)オーディオ再生
iPhone13mini最大13時間最大55時間
iPhone12mini最大10時間最大50時間
iPhone12mini・13miniのバッテリー比較(出典:Apple公式HP

iPhone12miniのレビューでも、「1日持たない」「モバイルバッテリー必須」との声が多かったです。

本当は12miniが発表された時点で買いたかったんですが、バッテリーが少ないと普段使いには不便そうだと感じました。

逆に言うと、iPhone12miniの唯一の欠点が、13miniで解消されたので、買い替えを決めました。

5Gはおまけですが、これから5G対応の地域が増えていくので、対応しておいて損はないですよね。

以上3つの理由から、私は、iPhone11から、12miniではなく13miniへ、わずか1年半で乗り換えました。

ここからは、筆者がiPhone13miniを2週間使ってみて感じたメリットとデメリットを、具体的にわかりやすくレビューしていきます。

アイジュ

ステマなしの正直レビューなので、
安心して見ていってください。

iPhone13miniのメリット

まずは、iPhone13miniを2週間使ってわかったメリットから、お伝えします。

ざっとまとめると、iPhone13miniで感じたメリットは4つです。

  • 小さいので片手で端まで指が届く
  • 軽いので手が疲れず楽に使える
  • 他の機種より安いのに、性能は大きく劣らない
  • バッテリー性能が上がり、1日外にいても大丈夫
  • カメラが進化して、素人でも綺麗な写真が撮れる

小さいことによるメリットと、不安だったバッテリーも問題ないのが、嬉しいポイントでした。

それでは、1つずつ、サクッと紹介していきます。

小さいので片手で端まで指が届く

iPhone13miniの最大のメリットは、小さくて、手にフィットするサイズ感です。

身長170cmで手が小さめの私が、片手で持つとこんな感じになります。

iPhone13miniは手のひらサイズ
iPhone13miniは手のひらサイズ

上端から左端まで、片手で四隅を操作することができていて、本当に快適です。

片手で全ての文字が打てたり、上の方にある画像やリンクをクリックできたりと、

iPhone11で感じていた小さなストレスがなくなりました。

片手に収まるので、電車で立っているときに、落とす心配もありません。

軽いので手が疲れず楽に使える

iPhone13miniのもう1つの大きなメリットは、圧倒的な軽さです。

iPhone11,12,13,13miniの重さの違いはこんな感じです。

iPhone13mini140g
iPhone11194g
iPhone12173g
iPhone13162g
iPhoneの重さ比較(出典:Apple公式HP

他の機種と比べると、13miniが圧倒的に軽いですね。

私は11から13miniへは、50g以上軽くなっています。大体3/4ぐらいの軽量化ですね。

「50gでそんなに変わるの?」と思うかもしれませんが、全然違います。

手で持って比べた時、11は「重たい」と感じますが、13miniは「重さを意識しない」程度には軽いです。

例えば、ゴム付きのズボンのポケットに入れたとき、iPhone11だと重さでズボンがずれます。が、13miniだと一切ずれませんし、走っても大丈夫でした。

軽いので、片手で無理してスマホをいじって腱鞘炎になる、ということもありません。

iPhone13miniの軽さは、他のモデルにはない大きな魅力です。

バッテリー性能が上がり、1日外にいても大丈夫

iPhone miniの懸念点といえば、「バッテリー持ちが悪い」ことでした。

ですが、12miniから13miniへ大幅進化し、「1日ぐらいなら普通に持つ」レベルまでバッテリーが強化されました。

なので、夜充電して100%にしておけば、朝から晩まで仕事や学校で外出しても安心です。

バッテリー持ちは、11とほぼ同じくらいですね。比較するとこんな感じです。

機種ビデオ再生(ストリーミング)オーディオ再生
iPhone13mini最大13時間最大55時間
iPhone11最大10時間最大65時間
iPhone12mini最大10時間最大50時間
iPhone12最大11時間最大65時間
iPhoneのバッテリー比較(出典:Apple公式HP

ストリーミングというのは、保存していないリアルタイムに映像を流すことです。

例えば、普通にYoutubeで動画を見たり、ネトフリで映画を見るような場合ですね。

「最大」という数字は盛っている数字ですが、iPhone13miniは11や12と同等以上のバッテリー持ちです。

行き帰りの電車で計2時間ほど動画を見て、日中Twitterでネットサーフィンしたり音楽を聴く、ぐらいの用途なら、充電切れの心配はありません。

原神のような高負荷のゲームを3時間以上やる、みたいな使い方をしない方は、モバイルバッテリーが不要です。

私は旅行や遠出をする時以外、充電器は持ち歩いていません。

以上3つが、iPhone13miniのメリットでした。

まとめると、小さくて軽いので操作が快適で、バッテリー持ちも十分、ということでした。

他にも、カメラが進化しているので、写真が好きな方は嬉しいポイントですね。

しかし、メリットもあれば、もちろんデメリットもあります。

続いて、iPhone13miniのデメリットを、正直にレビューしていきます。

iPhone13miniのデメリット

iPhone13miniを使ってわかったデメリットは、この3つです。

  • 動画を楽しむにはやや画面が小さい
  • カメラが出っ張っていて、浮いてしまう
  • 真っ暗な場所で使うと、明るすぎて目が痛い

1つずつ簡単にご紹介します。

動画を楽しむにはやや画面が小さい

iPhone13miniはサイズがコンパクトな反面、動画を見るには画面が少し小さいです。

実際にiPhone11と比較すると、こんな感じ。

iPhone13miniと11の画面サイズ比較
iPhone13miniと11の画面サイズ比較

遠目で見ると、小さい文字や細かいところは見づらくなります。

なので、「家事をしながらiPhoneで動画を流す」みたいなときに、しっかり楽しめないことがあります。

ただ、画面の綺麗さは11からc13miniで進化しているので、「全然見えない」というほどではありません。

ネットサーフィンすると、こんな感じで違いが出ます。

iPhone 13miniと11の文字比較
iPhone 13miniと11の文字比較

iPhone13miniの方が表示される量が少ないですが、それほど気にはなりません。

「毎日スマホで映画を楽しみたい」という気持ちが強い方は、不便に感じると思います。

「映画はあまり見ない」「動画は食事中など近距離で見ることが多い」「動画や映画はPCやiPadで流すことが多い」という方なら、それほどストレスはありません。

そんな方なら、iPhone 13miniを買っても後悔しないですよ。

カメラが出っ張っている

iPhone 13miniでカメラ性能が上がったせいで、レンズがかなり出っ張っています

iPhone13miniのカメラの出っ張り
iPhone13miniのカメラの出っ張り

出っ張りのせいで、画面を表にして置くと、浮いてしまいます。その様子がこちら。

カメラの出っ張りで浮いている
カメラの出っ張りで浮いている

そして、ケースを付けていないと、レンズが直接テーブルに接触します

レンズに傷がつくと、せっかく進化したカメラを使えないので、ケースは必須です。

Apple純正のレザーケースをつけると、高さがついて、レンズが直接触れることはありません。

純正レザーケースでレンズを守る
純正レザーケースでレンズを守る

iPhoneを落とすと、カメラはかなり危険ですが、13miniは軽くて小さいので、そんなに頻繁に落とす心配はありません。

不安な方は、レンズカバーを買うことをオススメします。

オススメのレンズカバーは、Amazonレビューが1000件以上、星4以上のこちらです。

真っ暗な場所で使うと、明るすぎて目が痛い

最後に、iPhone 13miniが明るすぎる、というデメリットがあります。

iPhone 13シリーズは、11や12と比べて、画面が明るくなっています。11と13miniで明るさ0の状態を比べると、こんなに違います。

iPhone13miniと11の明るさ比較
iPhone13miniと11の明るさ比較

13miniの方が、はっきりと明るいですよね。

明るさが底上げされたせいで、電気を消して真っ暗な状態でスマホを見ていると、明るすぎてすぐ目が疲れてしまいます。

電気を消してからスマホを見る習慣のある方は、更に目が悪くなる可能性があります。

とはいえ、そもそもこの行為が目に悪いため、悪い習慣をなくすことができるという点では、メリットであるとも言えます。

明るさが上がったことで、日中の明るい時間でも画面が見やすくなったので、暗い場所でスマホを見ない方には特に問題ないです。

「ベッドに寝転んでから電気消しに行くのがめんどくさい」という方は、枕元におけるベッドライトがオススメです。

私のオススメは、Amazonでベストセラーなこちらです。コンパクトで、USB充電式なのでコードが邪魔になりません。色味も調整できるので、夜でも目が痛くなりません。

視力は大切です。これを機に、目に優しい生活に変えてしまいましょう。


以上3点が、iPhone 13miniのデメリットでした。

まとめると、動画を100%楽しむには画面がやや小さい、カメラが出っ張っている、画面が明るい、という3つでした。

この3つがデメリットに感じない方や、受け入れられる方は、iPhone 13miniがぴったりです。

では最後に、まとめとして「結局13miniはどんな人にオススメか?」をお伝えします。

iPhone13miniはどんな人にオススメ?

iPhone13miniは、こんな人にオススメです。

  • iPhone13miniのサイズに魅力を感じた
  • スマホに画面の大きさを求めていない
  • 今のiPhoneが大きすぎ・重すぎ、と不便に思っている
  • 片手で使えて、疲れないiPhoneが欲しい
  • 1日はバッテリーが持つモデルが良い

iPhone13miniの最大のメリットは、コンパクトなサイズ感です。

「小さくて快適なiPhoneに乗り換えたい」「通勤・通学中に片手でネットサーフィンしたい」
という方には、iPhone13miniがピッタリです。

また、学校や仕事がありバッテリー持ちが気になる方は、12miniより13miniがオススメです。

Apple公式の購入ページはこちら。

逆に、こんな方にはオススメできません。

  • 小さい画面だと困る
  • スマホで毎日映画を楽しんでいる

13miniの画面サイズだと、他のモデルと比べて、映像の迫力が落ちます。今10〜12、Proなどの機種を使っていて、「ある程度大きい画面で映画を見たい」という方は、13miniは向きません。

そういう方は、12や13などの機種か、Pro ,Maxといった上位機種がオススメです。

逆に、「Youtubeは多少画面が小さくても問題ない」「映画はパソコンで見てる」という方なら、13miniがベストチョイスで間違いありません。

それでは、「iPhone13miniに乗り換えたいけど、高い買い物だから失敗したくない」という方へ、購入時の注意点をいくつかお伝えします。

iPhone13miniの購入時の注意点

「iPhone13miniに乗り換えたい!」という方、購入時にいくつか注意点があるので、失敗しないよう参考にしてください。

購入時の注意点は、以下の2つです。

  • 公式ショップ・Amazonで買う
  • 色はレビューの写真をチェックして決める

まず購入は、キャリアではなく、公式ショップかAmazonがオススメです。

理由は、キャリアで買うと手数料がかかり、SIMロックがあって他社への乗り換えに不便だからです。

値段に関しては、楽天モバイルなど、Apple公式と同じ値段のキャリアもあります。

しかしSIMロックは、キャリアで購入すると必ずついてきます。

SIMロックがあると、他のキャリアに変更する際に解除手続きが面倒だったり、iPhoneを売る際に安くなってしまいます。

公式ショップで自分で購入し、SIMカードを差し替えたり、eSIMを再ダウンロードする方が後々楽です。

そして、iPhoneのカラーも注意してください。公式ショップの画像と、実際のカラーはかなり違います。

例えば、ミッドナイトは、黒ではなくネイビーです。

私は初めブルーを買う予定でしたが、レビュー動画を見て、公式画像よりもかなり明るい色だったので、ミッドナイトに変更しました。

「思ってた色と違う」と後悔しないように、レビュー記事や動画を見て、色を確認しましょう。

以上2点を気をつけて、iPhone13miniを手に入れてください。

Amazonなら1%(1000円弱)もポイントがもらえます。

それではおまけとして、iPhone 13miniを買う方へ、合わせて必要になるアイテムを、まとめてご紹介します。

iPhone13miniとセットで買う周辺アイテム

最後に、iPhone13miniを買ったら、必要になる周辺機器やアクセサリーを全てご紹介します。

詳しく知りたい方、まとめて周辺機器を買いたい方は、アクセサリーのまとめ記事をどうぞ。

iPhone13miniのオススメ周辺機器・アクセサリーまとめ

ここでは、必須アイテムと、あると便利なアイテムをサクッとご紹介します。

まず、iPhoneを守るために必須のアイテムがこの2つです。

  • iPhoneケース
  • 画面の保護フィルム

13miniは、12miniや他の機種と、画面サイズも背面のカメラのサイズも変わっています。

なので、「前の機種のケースを付け替える」ことはできません

私のiPhoneケースは、Apple純正のレザーケースを使っています。

ミッドナイトのカラーが気に入ったのと、長期間使う予定なので、革の経年変化が楽しみで買いました。MagSafe製品の対応が絶対安心なのもメリットです。

詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。1ヶ月使ってわかった、メリットやデメリットをお伝えしています。

【高いから良い】iPhone13 miniのApple純正レザーケースをレビュー

保護フィルムは、貼りやすくて2枚入っている、こちらを使いました。サポートをiPhoneにはめて、あとはフィルムを載せるだけ、という便利なフィルムです。

アイジュ

1人でも、3分ほどで、
気泡もズレもなく綺麗に貼れました。

続いて、必須ではないけれど、あった方が嬉しいアイテムをご紹介します。

  • モバイルバッテリー
  • スタンド充電器
  • MagSafe充電器(公式)
  • スマホスタンド

モバイルバッテリーは、普段はなくても大丈夫ですが、持ち歩いた方が無難です。特に、旅行や出張などの際は必要になります。

私は、ピッタリなサイズ感が気に入って、CIOのMagSafe対応のものを買いました。定番は、Ankerのモバイルバッテリーです。

CIOのモバイルバッテリーは、カラーが2色あります。

ホワイトがこちらです。

ブラックがこちら。

大人気で定番の、AnkerのMagSafe対応モバイルバッテリーはこちら。

ケースがMagSafe非対応の場合や、大容量が欲しい方は、1万アンペア(4回分)以上の、有線で充電するタイプがオススメ。

こちらも、Ankerのモバイルバッテリーが、3万件以上レビューがあって安心です。

スタンド充電器は、デスクにあると便利です。置くだけで充電でき、充電しつつ通知にも気がつけます。

私はAnkerのPower Wave2を置いており、オンライン授業を受けつつ、LINEや電話に気づけるので、重宝しています。

MagSafe充電器は、磁石でiPhoneの背後にくっつけて充電する、というものです。

元々あるLightningケーブルを使う必要がなくなり、便利です。オススメはApple純正の充電器です。

Apple
¥4,800 (2021/10/25 00:50時点 | Yahooショッピング調べ)

スマホスタンドは、MagSafe対応のMoftのスタンドが便利です。磁力でくっつくので、邪魔にならず、持ち運びも簡単です。そして、横向きに浮かせて、動画を見やすくすることもできます。

隙間に指を入れて、ホルダーのように使うこともできます。私も近々購入予定です。

以上が、iPhone 13miniの周辺アクセサリーでした。

購入の際は、レビューや商品説明を確認して、「13mini対応の製品」を買うように気を付けてくださいね。

ちなみに、「iPhone以外にも、オススメのガジェットが知りたい」「大学生で実家暮らしだけど、オンライン授業を快適に受けたい」という方は、こちらの記事がオススメです。

実家暮らし大学生の私が、ニトリの勉強机をうまく活用して作り上げた、デスク環境を紹介しています。

【デスクツアー】子ども机で作る大学生のオンライン授業が捗るデスク環境

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

最後に、iPhone 13miniのレビューを簡単にまとめますね。

メリット
デメリット
  • 小さくて片手で操作できる
  • 軽いので手が疲れない
  • バッテリーも1日は大丈夫
  • 映画を楽しむには画面がやや小さい
  • カメラが出っ張っている
  • 真っ暗な場所だと画面が明るすぎる

iPhone 13miniのサイズに魅力を感じた方は、是非購入して、昔の「片手で簡単に触れる」というあの快適な感覚を取り戻しましょう。

「記事が参考になった」「このレビューを見て13miniを買った!」という方、Twitterでシェアしていただけると、とても嬉しいです!すぐにRT&お礼に伺います。

ではでは、小さくて快適なスマホで、楽しい生活を送ってくださいね。

iPhone13miniレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる